お墓を買おうか迷っている人へ

手

散骨は自分で行なう?それとも業者に依頼する?

家族の希望を叶えたい、お墓を買う余裕がない時に散骨が選ばれています。また、自身で行なう場合と業者にお願いするのとでは費用も違うので、散骨をするなら基礎知識をつけましょう。

READ MORE

弁護士を頼ってよかった瞬間

no.1

損害賠償の請求ができた

交通事故で被害者が亡くなった場合、遺族は加害者となる人物から損賠賠償の請求ができます。しかし、大切な家族を失っている中での手続きはとても大変なことです。遺族の代わりに損害賠償の請求をするのが弁護士なので、相談をしにやってくる人は沢山いらっしゃいます。

no.2

弁護士規準で慰謝料請求が可能になる

死亡事故で家族を亡くした場合に発生する損害賠償。できれば、弁護士規準の金額を受け取りたいのが本音です。この場合、自分たちで裁判を起こすか、交通事故に詳しい弁護士に依頼するかになります。ただ裁判に至っては複雑化する恐れがあるので、心労が溜まるのは目に見えているでしょう。最悪、受け取れる額が減る可能性もあります。それを考えたら弁護士に相談をした方が慰謝料をきっちり請求できてやり取りにおけるストレスもありません。

no.3

慰謝料を倍増できる

あまり知られていませんが、保険会社から提示された賠償金額は、実際より低いケースがあります。それを知らず不当な金額のまま受け取る人もいますが、弁護士に依頼すると当初300万円だったのが倍の900万円までアップこともあります。そのコツを弁護士は知っているので、保険会社に提示された額に不満がある場合は相談をした方が懸命です。

no.4

早く解決できた

家族を事故で亡くした時のショックは計り知れません。また、加害者と長い期間揉めていると心労も溜まるだけでしょう。お葬式の準備や遺品整理のこともあるので、早く解決したいのが本音です。弁護士は法のプロであり、数多くの交通事故トラブルを扱ってきました。凄腕の弁護士なら、長期化せず早急に解決してくれるはずです。

no.5

加害者とコンタクトがとれない時

死亡事故を起こした相手から謝罪の言葉が一切ない場合、こっちとしては気になるものです。気持ちの整理がつかない状態では、遺族らが連絡をするということはあり得ないでしょう。こういう人ほど、示談交渉中に自分に非がないことを主張し、急に証言を覆します。事故を起こしたことに対して誠意が感じられない、謝罪する気がさらさらないような態度なら弁護士に話をした方が解決策が見つかります。

[PR]

交通事故の慰謝料は弁護士を通さず請求!
役立つ情報を徹底解説!

[PR]

家族葬は平野区の業者に頼もう
さまざまなプランを提供中!

[PR]

大阪で遺品整理を対応してくれる業者をリサーチ☆
料金プランを明記

[PR]

遺品整理は富山の業者にお任せ!
室内の清掃まで対応してくれる

[PR]

神奈川で散骨供養をしよう
事前に料金をcheck!

交通事故が起きたら弁護士を探すことから始めよう

障子

これからすること

【葬式をする】
弁護士と一緒に交通事故トラブルを解決しても、葬儀をして故人を慎む重要な事柄が待っています。昔は、生前お世話になった友人や知人、職場の同僚を集めて行われていましたが、費用の関係や近い人だけを呼び、家族葬という形で執り行われることが多くなっています。プランの数も多く、平野区の葬儀社ではこじんまりとした空間の中で最後のお別れをしたい場合の選択肢となっています。

【供養の仕方を考える】
誰のお墓にも入らず、海に眠りたいという要望を叶える散骨が今人気ですが、急な交通事故で亡くなってしまった家族からは、どのような供養の仕方がいいのかなんて聞けません。本人がもし海が好きだったなら考えてもいいでしょう。すべての骨を無理に散骨する必要はなく、一部だけでも可能です。生命の源となる場所に還してやりたいとの思いが芽生える可能性も考えて、散骨する場所を探してもいいでしょう。そしたら海や景色が素晴らしい神奈川も選択の一つに入れたいですね。

【遺品整理をする】
家族葬や散骨が無事終わったところで、本人が生前遺した物を整理します。交通事故で亡くなった人が富山や大阪に住んでいた場合は、その場に行き遺品整理をしなければなりません。しかし、精神的に難しい場合や遠くて中々来れない場合は業者に頼ることも可能です。

立ち直れない時期だからこそ頼るべき

悲しみに暮れる時間もなく、お葬式では参列者に気を遣うなど精神的にも肉体的にも大変です。しかし、近親者のみで執り行う家族葬なら負担軽減はもちろん、精神的にとても楽になります。特に交通事故で死亡をした場合は、加害者や弁護士とのやり取りでヘトヘトです。そういう時ほど、専門業者を上手く利用して負担を減らすことを第一に考えるべきなのです。

広告募集中